マコモダケ(滋賀県東近江市 竹内さん)

10月、京都滋賀近郊は完全に夏野菜から冬野菜に変わる

端境期に入ります。

うちみたいな八百屋はよく

「変わった野菜ありますか?」と聞かれることが多いので、

八百屋的に困る季節でもあります。

果物は各地から盛りだくさんなのですが!

天然物の変わったキノコもあるのですが!

そこそこ高いので!


そこで10月救世主になるのがこのマコモダケ。

最近は一般的な居酒屋さんでも炭火焼きで出てきたり。

(僕が初めて食べたときがそうでした)

サクサクっとした歯ごたえとほのかな甘味で

見た目はナニコレ?っていう感じなのですが、

全くクセは無く、自宅でも気軽に調理できます。

調理法は焼いたり揚げたり炒めたり。

タケノコっぽい調理法が合いますね。

収穫期が短く今だけのものですのでぜひぜひ今のうちに!


今回は滋賀県東近江市で地域おこし協力隊をされている

竹内さんからご縁を頂き仕入れさせて頂きました。

なかなかやることが多くて産地まで行けないのが悩みなのですが、

滋賀県もいろんな野菜を作られている方がいるので

また廻りたいものです。

青果 西喜商店 〜創業九十年、ずっとおいしい京都の八百屋〜

創業90年の京都の八百屋、西喜商店です。京都中央卸売市場直結、この道40年の三代目と、全国各地の生産者とのネットワークを持つ四代目のセガレが、”おいしい”にこだわって仕入れた旬の野菜と果物をお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000