京丹後から葉野菜がたくさん(京丹後市SORA農園)

3月〜4月は、いわゆる端境期で、野菜の種類が格段に減ってしまう時期です。

特に今年は春先が寒かったので、野菜の成長も遅かった模様。

(たけのこなんかはお伝えしたとおり、例年より2週間は遅かったです。)


そしてようやくポカポカしてきたこの頃、

各地からたくさん野菜が届いています。

週末には京丹後の新進気鋭の生産者、SORA農園さんから葉野菜を中心に

野菜を沢山送っていただきました。

イベントでかなり売れたのですが、もう少しだけ残っていますので是非。

今はアブラナ科のサラダで食べる野菜、それにレタス系もバリバリの旬。

春作のかぶも出てきています。

沢山収穫できるということは、その時が一番旬ということ。

是非八百屋を除いて、今何が旬ですか、と聞いてみてくださいね。

店主も毎日味付けを食べながらもしゃもしゃサラダを食べています。

SORA農園さんはほとんどの圃場で有機JASを取得されています。

青果 西喜商店 〜創業九十年、ずっとおいしい京都の八百屋〜

創業90年の京都の八百屋、西喜商店です。京都中央卸売市場直結、この道40年の三代目と、全国各地の生産者とのネットワークを持つ四代目のセガレが、”おいしい”にこだわって仕入れた旬の野菜と果物をお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000