にんにくの芽(香川県さぬき市 ミカタ)

野菜にも台風のように一瞬で過ぎ去っていくものもありまして、

にんにくの芽はその一つです。

日本ではにんにくの芽専用で栽培されることはありませんので、

(多分)

にんにくを栽培する途中で出てきたものを刈り取って

出荷してもらうしかありません。

しかもすぐに成長して固くなるということなので、

食べられる時期は一瞬。それが今です。

さらに、にんにくの芽として出荷するためには、

農薬を使えないために(国が定めています)

農薬無しで栽培されている農家さんから仕入れさせて頂く以外に道はありません。

にんにくは比較的農薬無しで栽培しやすい野菜かと思いますが、

希少価値の高い、シャキシャキのにんにくの芽、食べてみたいですよね。

よく中華料理屋さんで出てくるように、

豚肉やレバーと一緒に中華風に炒めるのがおいしいですね。

ミカタさんは、農薬も肥料も使わずに野菜を作られる農家さんです。

ホームページでブログも書いておられるのでよろしければご覧ください。

青果 西喜商店 〜創業九十年、ずっとおいしい京都の八百屋〜

創業90年の京都の八百屋、西喜商店です。京都中央卸売市場直結、この道40年の三代目と、全国各地の生産者とのネットワークを持つ四代目のセガレが、”おいしい”にこだわって仕入れた旬の野菜と果物をお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000